最近ではシックハウスという名前は広まって有名なものになっています。この原因というのは室内空気の汚染ということはわかっているのですが、どのようにしてこのシックハウスというのは広まっていったのでしょうか。そのことについて説明していきます。最近になって住宅というのは、冷暖房の効率を向上させるために気密性への傾斜を深めていっています。そのことで換気があまり十分なものになっていません。そして、昭和30年前後から始まった高度経済成長期の住宅建材の大量需要に併せて、木目を紙に印刷して木材のように見せるプリント合板や新建材などが代表的に現代建築に用いられてきて、これらがこれからの建築に欠くことができない要素であると判断をされて、そこから1990年代より室内空気の汚染が問題になってきました。この前に、1980年代にはすでにシックハウス症候群に当てはまっていると思われている症状の例も報告が挙がっていたみたいです。ですが、このころにはそのようなことがわからなかったために、原因不明とされていました。でもそれが原因で自宅休養などをしていたことでさらに症状が悪化してしまったなどのケースがとても多かったと言われています。シックハウス症候群というのは生活の基礎となる住宅が原因になっているために、家そのものを買い物した人たちにとっては大きな問題になってしまうというのが多くみられている例です。これからも、原因を解決するために調べてほしいと思います。