シックハウス症候群というのは最近どんどん解決する方向に進んできているのかもしれません。ですが、どうしてもシックハウス症候群の症状が出てしまう人たちもいます。これらの人たちに少しでもアドバイスを行ったりすることができるというための資格というのもあります。今回はこのシックハウス症候群についての資格について説明していきます。まず、シックハウス症候群のための資格はどのようなものがあるのか挙げていきたいと思います。一つ目はシックハウス診断士です。このシックハウス診断士というのは一級と二級にわかれています。この資格を取った人の役割というのは、住宅の室内空気環境の測定や診断、安全で快適な住宅の新築やリフォームなどのコーディネート、アドバイスなどと、多くのことについてのアドバイスを行っていて、とても重要な役割をもった資格です。二つ目は、シックハウス対策アドバイザーという資格です。この資格の主な内容としては、1:室内空気汚染のことについて考える、2:建築物と室内空気について、3:事例から学ぶシックハウス症候群、4:施行例から学ぶシックハウス症候群の四つに分かれています。1つ目の内容は室内空気の問題の流れやシックハウス症候群の定義、シックハウス症候群と化学物質過敏症の違いなどの内容が含まれています。2つ目は、シックハウス症候群と化学物質過敏症の発生原因や、問題視される建材の種類、発生源の対策などの内容が含まれています。3つ目は、業者からの事例や、一般消費者からの事例、化学物質過敏症患者の事例などが含まれています。これらのようにこの資格は、多くのことを学ぶことができてこれからのシックハウス症候群だけでなく、それらを含めたシックライフについてのアドバイスができ、とても活躍することができる資格です。