シックハウス症候群にはシックライフという言葉があります。その言葉はどのような意味をもっているものなのか、どのようなことが起こったことなのか、初めて聞いた人はわからないと思います。これから、このシックライフという言葉の説明をしていきたいと思います。シックライフというのは、簡単にいうとシックハウス症候群や化学物質過敏症、アレルギーなどの現在抱えている問題の総合的にシックライフという名前になっています。シックハウス症候群というのは、複合的な要因が複雑に絡み合って引き起こされているので、住環境や建材だけに目を向けていては、問題自体は解決されないと言われています。これほど、シックライフに含まれているものというのは難しい症状ということです。現代の社会では室内空気汚染だけでなく、食品関係や日常生活用品、ストレスなどの心理的影響、大気汚染や水質汚染などの様々なものが健康面に大きな悪影響を与えています。これらのようなものをすべて解決するにはとてもすぐには解決することはできないと思います。ですが、シックハウス症候群として住環境に目を向けることをするのではなく、シックライフという大きな塊として、大きな視点で生活全体が病んでいる現状を捉えていかなければならないと思います。このように、シックライフというのはシックハウス症候群などを大きくまとめたもので、これらのものはなかなか解決するのは難しいと思いました。これらを解決するために研究を頑張ってほしいと思います。