少し前までの建築物ではシックハウス症候群になってしまう原因になっている原因物質などが材料や塗料、接着剤などに多く使用されていました。最近では少しずつ塗料や接着剤に原因物質が入っていないものが使用されてきています。その中で、どのようなものが対象の建材となっているのでしょうか。そのことについて説明をしていきたいと思います。ホルムアルデヒドを含んでいる可能性のある建材というのは告示対象の建材になっていて、JISやJAS、国土交通大臣認定の所得などによって種別を明示する必要があります。作り付けの家具やキッチン、キャビネット、タンス、ドアなども規制されるものの対象になっているのですが、それ以外の家具や衣類においては規制の対象にはなっていません。そのことで、換気設備の設置が義務付けられています。そして、先ほどの家具や衣類など以外にも、使用後5年以上経過したものについても規制の対象となっていません。これらのようにシックハウス症候群の告示対象建材というのは、色々複雑で難しく決められています。なので、わからないことなどが多くあると思います。それらの場合は、建築関係に詳しい方々に詳しく聞いたほうがいいと思います。これらの場合というのは、最近では減少してきているのかもしれませんが、完全にシックハウス症候群が無くなっているわけではないので、安心している方たちも十分注意しながら家を買って生活をしてもらいたいと思います。