最近でも多くのシックハウス症候群という名前を聞きます。これらは1980年代からこの症状が出始めていて、はじめは何が原因でこの症状が起きているのかということがわかりませんでした。現状でもどのようにすればこの問題を解決するのかということはあまり聞くことはありません。ですが、シックハウス症候群になりにくくするための対策はあります。その対策について説明をしていきます。まず、シックハウス症候群が起きている原因というのは室内にあるホルムアルデヒドなどの物質です。これらの原因物質を減らすためには、充分な換気や建築材料などの制限をしてその物質を使わないように極力減らすことが必要だと思います。最近では、VOC放散量の低い建材や接着剤、塗料が開発されて、発売されています。また、換気設備が設置されている場合にはそれを運転しておくことが望ましいとされています。原因はそれだけではありません。これ以外にも、カビや微生物による空気汚染が原因となるということも考えられているため、これらの発生防止や除去なども必要になってきます。それらの除去も入ってくるのでとても大変になってきます。シロアリなどの除去などをするために防腐剤などを使おうとしても、これらの中に入っている物質自体もシックハウス症候群の原因になっている場合もあるために十分に注意をして使用することが必要です。それだけでなく、日常生活に使われている殺虫剤や香料などが原因になっている場合もあるのでそれらにも注意をしながら使用する必要があります。