シックハウス症候群というのは住宅の中だけでなく、自動車の中でさえも起きてしまうものになってしまいました。自動車の中で起きてしまった場合は、シックカー症候群というらしいです。このように、シックハウス症候群は色々なところで起きるようになっています。自動車でも、住宅の中でもこのシックハウス症候群などはどんな症状が起きてしまうのでしょうか。それらについて説明していきます。シックハウス症候群というのは、症状に個人差が大きく、非常に多くのパターンがあります。その中でも、不定愁訴と言われているような本人にしか自覚ができない症状が多くあり、自律神経失調症や更年期障害、風邪、精神疾患などと間違われてしまうというケースも多くあります。それだけでなく、はっきりとした症状を表さない場合や、次々と症状が移行していくことというのが多くあり、「なんとなく調子が悪いな」や「少し頭がボーっとするな」などのちょっとした症状の場合でも、それがシックハウス症候群だと本人も気づかないことも多くあります。たとえば、どのような症状が出てしまうかというと、目の痛みがある場合やかゆみ、涙が止まらない、耳鳴りを起こしてしまう、心臓がドキドキしてしまうなどの軽い症状の場合でもシックハウス症候群になっている場合というのがあります。このような症状が出てしまった場合はシックハウス症候群だと疑ってみることも大事だと思います。このように、シックハウス症候群というのは症状としてはとても分かりにくいものが多くあります。なので十分注意をしながら体調管理を行ってください。