シックハウスとは、シックハウス症候群のことで新築の住居などで色々な症状が起きる体調不良のことを言います。この症状の中でも多く起きている症状というのは、疲労感やめまい、頭痛、皮膚炎、のどが痛くなる、呼吸器疾患などの多くの症状が新築の住居にすんでいる人に、おおきな影響を与えています。またそれだけでなく、新品の自動車などでも新築の住居で起きる症状と同じ症状が報告されています。このことより、自動車の中でこの症状が起きた場合は、シックカー症候群としてマルチメディアの方々などから取り上げられるようになっています。そして、職場だけではなく、住居で多くの問題があるということが増えてきたので、歯科医師の上原裕之さんが命名をしました。この症状は住宅に関係するさまざまな健康障害の総称のことを指しているだけで、単一の疾患を表しているものではありません。そして、それだけでなく化学物質過敏症という低レベルの化学物質の暴露への影響を受ける人属性症状によって、特徴付けられている症状とも同じ概念をもったものでもないとも言われています。主に、住宅室内の空気質に関係する問題が原因として発生する体調不良を言っている場合が多いです。そのような場合は、何らかの理由で室内の空気が汚染された結果にその空気を居住者が吸い込むことによって、その症状は発生するとされています。さきほども言ったのですが、化学物質過敏症と同じような斧と扱われる場合もありますが、化学物質過敏症の概念自体そのものが未確定のものになっているので、シックハウス症候群と化学物質過敏症とは異なる疾病概念になっているということになっています。このように、シックハウス症候群には、多くの人が起こしてしまう症状の一つです。今でも深くまではわかっていないのかもしれませんが、これからどのように起きる現象なのかをもう少し詳しくわかったら、その解決方法も調べて多くの人を助けてもらいたいと思います。